車両紹介Vehicle

アルミウイング車

荷物室の側面から天井部分までを一体的に跳ね上げ、側面から荷物の積み下ろしができるトラックです。
当社では、増トン数(15t)・10t~4tまで幅広く取り揃えています。
雨天でも積載でき、積込作業時は荷台の側面が解放できることから
フォークリフトによるパレット荷役など容易に行うことができます。
当社では大型ウイング車の95%が荷物にやさしいエアサスペンションを採用しています。

平ボディー車

最もスタンダードな形をしているトラックで、荷台の部分に「あおり」といわれる
側面を囲ったトラックです。
荷台スペースを広くとっていて一般貨物であればほとんどの荷物を一度に運ぶことができます。
荷台に屋根がないためクレーンなどでの積み込みにも対応できます。

ユニック車

クレーンを装備しているトラックで重量物の積み下ろしや、
高所へ(高所から)の荷物の積み下ろしができます。
このトラックが活躍する場面は、鉄やコンクリートなどの建材を使用する工事現場、建設現場などです。
ユニック車を使えば重量物の移動を一気に行うことが可能です。
主として重量物を扱うことやクレーンの安全操作も要求されることから
当社では安全面の配慮も決して怠っていません。

トラクター・トレーラー

トラクターはトレーラーヘッドと呼ばれることもあり、荷台の部分が脱着できる機能を持っています。
また、長距離にわたって牽引出来るように設計されています。
トレーラーは牽引される荷台側のことで、
当社でも海上コンテナなど様々なトレーラーを運行させています。

セルフローダー車

車体の前部を持ち上げることによって傾斜を設け後部から重機や車、
リフトなどの積載時に威力を発揮します。
主に建設現場、土木工事現場への重機の運搬ですが、
故障車の運搬や新車の納品などでも使用されます。

ダンプ

荷台を傾け、積載物を一気に降ろすことができる機能のトラックで
固形産業廃棄物を運搬する際に威力を発揮します。
当社では、主に固形物の運搬に使用しています。

グラップル

荷台の支柱で木材等がはみ出さないように運搬できます。

ダンプトレーラー

ダンプアップ可能なトレーラー車両。

冷凍車(冷蔵庫・保冷車)

アルミウイング車と形状はほぼ同じですが、
低温で輸送する設備を備えています。
当社では、低温を維持しての輸送にも気を配っています。

パワーゲート車

荷台の最後部に荷役用の昇降機の付いたトラックです。
キャスター付きの荷物を地面から荷台の上まで
安全・迅速に積み下ろしが可能です。